やの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 逃げているつもりなのかな?>毎日

<<   作成日時 : 2008/07/13 11:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

毎日新聞が検索エンジンを拒否!? メディアの自殺行為か

例の記事捏造歪曲事件から、毎日さんのやっていることって、交喙の嘴の食い違いが多いな。

最初に間違ってしまって、そこからグダグダになるってのが多い。
しかもrobot.txtって..自主規制みたなもんで、robot.txtを相手にしてないのもあるので、実効性が薄い面があるんだよね。
googleなんかは、結構従っているので、googleとかには有効なんだが...

有効になったとしても、逆の効果になると思うんだ。

クロールを禁止してしまうと、クロール(結構、見境なく全部みる)で「平等に発見される記事」が減るわけだ。
そして、クロール以外の毎日新聞社へのリンクからたどられる(今の場合、毎日のまずさを示す記事が結構あるわけだ)ことで、毎日新聞がリンクされた結果が検索エンジンにあがる。

そうなると、「毎日の通常の(問題がない)記事」の率が減り、「毎日のまずさを示す記事」でのコンテンツの検索結果の比率があがり、その記事が検索の上位に浮かんでしまうんだよな。
つまり、「毎日は毎日の問題点指摘/指弾にて検索されることが多くなる」手段を選んだわけだ。

ちょっと考えたらわかることなんだ。

実際に「毎日新聞」をgoogleで検索して、検索結果をクロール時期(24時間以内、一週間以内)で絞ると、これが有意なことがわかる。

でも、そんな簡単な間違いだとわかることを、敢えて毎日新聞社やっている理由は?とさらに考えてみた。

クロールされない様にするってことは、現在の記事や今後出す記事の発覚を遅くしようということなんだ。
マスコミの命題のひとつに「速報性」ってのがあるんだけど、敢えてそれを捨てるわけですが、それを敢えてしようとしている、考えられる理由はひとつ。

今の自社サイトの状況(記事全文)を確認できていない(記者に任せて野放しである)ために、全記事をクロールされると困ることになりはしないか?という危惧を毎日が持っていて、それで禁止しているってこと。

もっと端的に言えば、毎日新聞社は、マスコミという賎業従事者の意識の低さを制御しきれていなくて、賎業従事しか出来ない能力の者が書くがままにしていて、チェックできていないってことなんですね。

つまりは、毎日新聞社は自社のサイトの記事を把握できていない上に、これから提供する記事の品質を記者任せにしているために、馬鹿記事捏造記事歪曲記事の存在や今後の発表が否定できない状況に陥ってしまっていると、合理的に推察できてしまう。

それはそれで、クロール禁止前に全記事をチェックし、新たな記事掲載をチェックすればよいだけのこと。

記事についての妥当性/信憑性を確認する機構が毎日新聞社にはないということが、わかってしまったわけだ。

クロール禁止解除まで、毎日の「自社記事不信」「自浄能力の欠如」「賎業従事者の恣意的記事発表」が続いていると考えた方がよいわけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
毎日のお話のつづき
毎日新聞社内で何が起きているのか(上) ...続きを見る
やの日記
2008/10/13 03:56
毎日新聞のレベルの低さ
<麻生首相>ホッケは煮付け?焼き物?…なじみ薄露呈 ...続きを見る
やの日記
2008/11/12 09:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
逃げているつもりなのかな?>毎日 やの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる