やの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ごはんですよ

<<   作成日時 : 2005/11/11 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

■もったいない

伊藤クロニクル:「トリガラ」における可食部を測定する

鶏ガラに目を付けるのは慧眼だと思う。実際、煮て食べてもそこそこの肉が食えるのだけど、骨を残すのは、もったいないなぁ..と思う。手羽先の唐揚げをボリボリと骨ごと食ってしまうわたしだけの感覚かもしれないけど、鶏の骨は美味いと思うんだけどね。



 

貧乏学生時代にたまにやったのが、鶏ガラというか、肉屋の隅っこに追いやられて「持っていってもいいぞ」な状態の鶏ガラを貰うか、10円程度でゲットしてきて、それをマルっと茹でる。

肉が柔くなってきたらスプーンでこそげ落として皿に取っておく。適当に塩胡椒で味付けして肉を食べるのもいいけど、ここは我慢。さらに半日ほど熱湯漬けしておくと、骨もしんなりしてくるし、残っている肉も剥離するんで、その肉を先ほどの皿にのせておく。


肉がこそげ落ち切ったら、骨をすり鉢にいれて、あとはゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリと摺る。すると、骨も砕けて骨の髄といっしょくたになって、やんわりした塊になる。皿にとっておいた肉をまな板に乗せて包丁で叩いて、軽くミンチにしつつやんわりになった骨を混ぜつつ、練り上げる。ついでに固くなったパンを砕いて入れて、さらに塩を一振りしておく。

で、ガラを茹でたスープに塩胡椒で味を整えながら温めて、沸騰してきたら混ぜた骨肉ミンチをスプーンですくいながら入れると、カルシュウム満点なつくねスープが出来上がる。

鶏ガラと水とほんのちょっとの材料から、結構いけるのが出来上がったりするのが、不思議だ。


追記:
コメントから....

>一切残さないのですか?骨。

ブロイラ程度だと、解体したガラなら残さず食べること、できます。羽毛なんかは別にして、鶏冠も炒めるとちょっと香ばしくてよいです。

>「半日ほど熱湯漬け」というのは難しいです^^;

閑だったけど金がなかったという学生時代だから出来たと思いますね。
冬だったら、ストーブの上で、ちょろちょろと温めながら..で出来るかな?

有給とってとか土日潰してこれを作るのも、あれだなぁ..老後に閑になったらやるかな?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
TITLE: 取り上げて頂きどうも感謝です☆
SECRET: 0
PASS: a0b1e681c6b6210a1176d6c383f81f0e
僕もかなり骨は食っちゃう方ですが…
一切残さないのですか?骨。それはすごいw

ウマそうですけど、「半日ほど熱湯漬け」というのは難しいです^^;
参りました。
Itoh
URL
2005/11/11 18:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ごはんですよ やの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる