やの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS (祝!再開!)所詮、マスコミは賎業だよな

<<   作成日時 : 2005/12/12 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

■ま、報道って、日本ではこの程度の糞連中がやっているわけです。

読売ウィークリー編集部:情報操作/記事捏造は日常的な仕事

木村透という糞が、宮崎勉の部屋に本人の了承もなく勝手に踏み込んだあげくに、情報操作したという自白をしておりますね。

追記:
ほとぼりがさめたと勘違いしたのか、また糞が再開をはじめた模様。
まぁ、人の噂も75日とか昔はいっていましたが、25日で再開とは...スピードアップですね。


 
>大半は、「GORO」「スコラ」です。
>20代の男性としては、ごくごく普通でしょう。

>その中に「若奥様の生下着」という漫画が1冊ありました。
>ある民放のカメラクルーがそれを抜き取って、
>一番上に重ねて撮影したのです。
>それで、あの雑誌の山が全部、さらにビデオもほとんどがそういう類のものだという、
>誤ったイメージが流れてしまったのです。

>ま、犯した犯罪からすれば、そのくらいは誤解されても仕方がないかもしれませんが、
>それでもやっぱり、事実とは違ったのです。


ちょっとでも犯罪や間違いを起こしたら、なんやかんやと捏造してでも報道ネタにしてしまうという浅ましくもさもしい連中だということが、よくわかりますね。木村透ってのは頭が悪いから、ちゃらっと言っちゃう。こういう賎業従事で頭の芯から腐り切ったことがわかるのも、blogならではでしょう。

こういった低知能がマスコミやら雑誌やらにいるというのは、「ジャーナリストが謝罪に訪れた人物の本名と写真をブログで晒す」といった事件でも出ていますし、なんといっても捏造朝日の珊瑚礁破壊事件やら枚挙に暇がないわけなのだが、やはり賎業にしか付けないレベルの連中が腐り切ったことをやるという当然のことなのだろう。

追記:
隠れコメント:木村透さんが捏造したのでは無いですよ、良く読んでください。

そんなことは判っている。どこにも、木村透という気違いがやった犯罪だとは言っていない。木村透という糞はそういった事が日常茶飯事であるとポロっと暴露してしまって、しかもその重要性をまったく理解していないってことなんだな。

つまり、木村透という糞をはじめとして、マスコミには「煽りで情報操作当たり前!なんなら捏造までやってもいいんだ!」ってな気違いじみたおごり高ぶりがあるわけなんだよ。そして、実行犯ではないが、そうったことをやった同業他社について口を結んで、「ま、いいだろ、犯罪者憎しなよろんばざーい!」と読売でもその画像を使った。立派に共犯な糞野郎だってことですよ。

JR西日本の事故での竹村文之みたいな「俺たち、何やってもいいんだよ!犯罪者/過失責任者を貶めてなんぼの商売なんだ!」と言っているわけなんだ。そういったことが、賎業であるということ。そして、その賎業根性に頭の芯まで汚染された糞が、あいつらだってことなんだな。

そういった根っから腐ったチンピラの類しかマスコミしか、今の日本にはいないという事実を言っているだけのこと。まともな知能を持った者がひとりでもマスコミがいたら、「情報操作の雑誌置き換え写真」について「あれは違う」という指摘がされている。ところが一件もなく、今回の木村透という糞の自白で明らかになったわけだ。これは、「あの事件を報道した連中全員、情報操作を当たり前と考えている」という事実になる。

たまたま、木村透という糞が低知能だったから、露見しただけだ。ほかの件についても、奴らマスコミはやっている。少なくとも、読売で雑誌をまかされる迄になった糞が共犯をやっていたわけだからな。

再追記:
「何が問題なんだ?重犯罪者の情状をちょっと悪くしただけだろ?」

とか思っているバカはいないと思うが...この件以外でもそうなのだが...

人を裁くといった「情状を悪い方向へ持っていこう!」といった裁判への影響や、韓国といった「糞集団と仲良くしよう!」といった、国にのみ許される国交といった問題に、無権利な(そして無責任かつ悪質な)マスコミ意図的な介入をしようとしているのが問題なんだ。

国がやったら問題になり政権交代といった責任をとらされる。が、マスコミは「へへへ、わるもんやっつけちゃえ」と情報操作して悪質な無責任を続けているってことなんだよな。その例が木村透や竹村文之といった低劣な糞がいるという問題が、現在のマスコミの問題。

奴らには、決して人を裁く権能はない。ましてや国交について情報操作するという国賊まがいをやって無責でいる状況は、危険を招く。さらなるマスコミ連中の腐れ具合を加速するということになる。新聞社へのテロがあったら、むしろ拍手喝采をあげるべきだろう。アルカイダさん、どうでっか?...;-)

追記;
コメント「あちこちで取り上げられたせいか、まるでなかったことのようにコメントもなしで消しちゃってますね。」

やはり、低知能で賎業従事が長いと、逃げてほとぼり冷ましてってな意識になるのでしょう。しかも、トラックバックを閉鎖して、逃げた気になっているってのが、ほtんと「愚劣」ですね。
このキャッシュのページで、バレバレなのにね。ほんと、愚劣がマスコミに巣食っているという好例ですね。


-------グーグルの説明では全文転載禁止もないので、キャッシュを残しておきましょう。--------

<<エリザベス女王杯枠順確定| Main | 編集長の「ぐらぐら日記」>>

005/11/12
いったいどうなっているのか

女子高生がタリウムを母親に飲ませたかと思えば、
今日は同級生の女の子を殺した疑いで高1の男子が逮捕。
いったい、どうなっているのでしょう。
とても理解できません。

10年ほど社会部にいたので随分事件取材もやらされました。
警視庁記者クラブでは、
詐欺とか汚職などの知能犯を扱う捜査2課の担当だったせいで、
その後もそんな事件ばかり取材しました。
知能犯ですから、頭を使った犯罪なのですが、
動機はほとんどが「お金」。
その点では、大変わかりやすいのです。

理解不能と思った事件も、多くはありませんが、経験しました。
忘れられないのは、平成元年の「宮崎勤事件」です。
幼女4人の連続誘拐殺人。
オウム以前の、戦後最大の事件かもしれません。

ビデオテープで埋まった宮崎勤の部屋の映像を覚えている方も多いと思います。
実は、事件後あの部屋に初めて入ったのは私です。
宮崎勤が逮捕されたという一報で、
五日市町の彼の自宅に急行しました。

なんと、まだ警察官も来ていなくて、
3?4人の他社の記者が彼の両親を取り囲んで話していました。
そのうち、だれかが彼の部屋を見せてほしい、と言ったところ、
彼の父親はどうぞ、どうぞ。
母屋から彼の部屋には幅30センチほどの板が通路代わりに渡されていました。
幅が狭いので一人ずつ渡ることになり、
5,6人の記者でじゃんけん。
で、私が一番になった、というわけです。

部屋に一歩入ったときのことは忘れられません。
窓がなくて薄暗く、
四方の壁面がすべてビデオテープで埋め尽くされていたのです。
テレビとビデオデッキが3?4台あったと記憶しています。
そんな部屋は見たことありません。
まさに「理解不能」でした。

おそらく、あの部屋の映像を覚えておられる方は、
あのビデオはみんな、アダルトとか盗撮とかロリータとかそんな類のものだと思っているのではないでしょうか。
実は違うのです。
大慌てで、ビデオのタイトルを写したのですが、
ほとんどは「男どあほう甲子園」とか「ドカベン」といった、
ごく普通のアニメばかりでした。
その中に、おぞましい映像が入ったビデオも含まれていたのですが、
少なくともそれはごく一部だったのです。

なぜ、そういうイメージが伝わってしまったか、
については理由があります。
部屋の隅には、数十冊の雑誌の山がありました。
どんな雑誌かももちろん確認しました。
大半は、「GORO」「スコラ」です。
20代の男性としては、ごくごく普通でしょう。

その中に「若奥様の生下着」という漫画が1冊ありました。
ある民放のカメラクルーがそれを抜き取って、
一番上に重ねて撮影したのです。
それで、あの雑誌の山が全部、さらにビデオもほとんどがそういう類のものだという、
誤ったイメージが流れてしまったのです。

ま、犯した犯罪からすれば、そのくらいは誤解されても仕方がないかもしれませんが、
それでもやっぱり、事実とは違ったのです。
高校生逮捕の夕刊を見て、
そんなことを思い出しました。
(苦悶デスクこと・木村透)
------引用ここまで-------



マスゴミの民衆を煽る方法。 
宮崎勤事件を覚えてますか?
これもマスコミの病理か記事を削除しても無かったことにはなりませんよ
読売weeklyのエントリ削除キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!
昨日のエントリが全部無意味だった件について

かなりさえないやりかた
「宮崎勤事件」における、マスコミの印象操作の醜悪さ
今頃印象操作の告白ですか。
みんなでこれを読んで呆れよう
読売ウィークリーのひどい記事。

結論;木村透は、同業者に殺されても半殺しにされても文句は言えない。「業界の常識/世界の非常識」を暴露したってことで、業界で処理されちゃいそうで、面白そう。

追記:
えっ、逮捕!

とか、捏造加担者のぼうふら野郎が「しまったぁ、もっと捏造しておくんだった!」と悔しがっている様子が笑えます。寒いのは、腐れ切ったマスコミ根性だってことがちょっとでも理解できたらよいのですが、どうも、マスコミとやらにはそういったことがわかる知能を持った人はいない模様ですな。


さらに追記:
アホすぎるコメント「、関係ない内容の読売の記事に執拗にトラバ投げ続けるオマエにどんな正義があるわけ?」....
関係あるよ。よくわたしの文章を読もうね。まぁ、読売大好きな気違いちゃんだと、読めないみたいなんですけどね。

正義があるか?って...正義で何かやろうとかいうアホは相手にしないとよい。間違っていることを指摘して糾すだけのことよ。

>もう怒りは木村に十分伝わっているだろうから、止めときまちょーね。ボク

怒り?まぁ、読売ファンちゃん、一生懸命に妄想しちゃって、面白よ、おちびちゃん。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「宮崎勤事件」における、マスコミの印象操作の醜悪さ
格闘する読売ウイークリー編集部 「いったいどうなっているのか」http://yomiuriweekly1.hontsuna.net/article/1575835.html&gt; 理解不能と思った事件も、多くはありませんが、経験しました。&gt; 忘れら ...続きを見る
ケータイ絵日記 Rev.A
2005/11/26 18:05
マスゴミの民衆を煽る方法。
いったいどうなっているのか理解不能と思った事件も、多くはありませんが、経験しました。忘れられないのは、平成元年の「宮崎勤事件」です。幼女4人の連続誘拐殺人。オウム以前の、戦後最大の事件かもしれません。ビデオテープで埋まった宮崎勤の部屋の映像を覚えている方 ...続きを見る
白の女王
2005/11/24 09:26
■12月12日之弐 読売ウィークリー編集部ブログ再開。
 ほとぼりも冷めましたしね(謎)。 ★「格闘する読売ウィークリー編集部」ブログ再 ...続きを見る
たかたか屋blog新館
2005/12/12 21:13
反省なき再開
 ネット上の議論というのは、熱しやすく冷めやすいというのが特徴にあります。ですから、なにか炎上しても、数週間放置すれば、だいたいのユーザーは忘れてくれるというのが、おなじみのやり方のように感じます。特に、大手マスコミに限って。歌う蛙です。 このような記事 ...続きを見る
ToS : silver shooti...
2005/12/12 22:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
TITLE:
SECRET: 1
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
木村透さんが捏造したのでは無いですよ、良く読んでください。
13
URL
2005/11/21 02:38
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
&gt;何が問題なんだ?重犯罪者の情状をちょっと悪くしただけだろ?
そういう頭おかしい理屈をいう馬鹿たれには、宮崎事件のおかげでどれだけアニメ・ゲーム・コミック・エロゲ業界人&趣味人が迷惑蒙ったか24時間問い詰めてやりたいですよ。
 
URL
2005/11/21 19:07
TITLE: 12日消えてますね
SECRET: 0
PASS: 7216cac19c6840c3df0b01897228ae53
あちこちで取り上げられたせいか、まるでなかったことのように
コメントもなしで消しちゃってますね。
キャッシュには残ってるんで余計に愚かしさが際立ちます
KKK
URL
2005/11/23 22:24
TITLE:
SECRET: 0
PASS: d4fbb7d8d5603db43ac2094f5955787c
実際の現場に手を加えたカメラクルーを見過ごした木村も阿呆過ぎかもしれんが、関係ない内容の読売の記事に執拗にトラバ投げ続けるオマエにどんな正義があるわけ?悪意をもってやっている行いの方が悪いに決まってる。
もう怒りは木村に十分伝わっているだろうから、止めときまちょーね。ボク
 
URL
2006/01/27 19:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(祝!再開!)所詮、マスコミは賎業だよな やの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる