やの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛肉を売りたい一心の米国?

<<   作成日時 : 2006/02/18 06:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

脊柱混入「特異な状況」/牛肉輸出米報告書 再発防止策を表明

>ジョハンズ米農務長官はこれまでに、輸出牛肉を二人の検査官が二重にチェックすることや
>牛肉処理業者への「抜き打ち検査」実施、検査官に対する研修の強化などを再発防止へ向け表明している。

二人の検査官?狂牛病に罹ったのが二人ではダメだな。抜き打ちというのも甘いな。全数検査しないとダメだと思うんだけどね。研修については、毎月でもやって最新の検査項目検査手法を導入させないと、また手を抜いたりしそう。



 

牛肉に背骨混入、食肉会社と検査官の認識不足・米調査報告

>問題の施設からの子牛の輸出は初めてという「特異な状況」だった点を指摘した。「今回の問題は
>米国の食肉加工プロセスや査察、輸出制度全体の脆弱(ぜいじゃく)さを示すものではない」と強調した。

欠点や問題点を「脆弱さ」という言葉に置き換えてはいけないと思うんだけどね。「子牛の輸出がはじめて」な施設だけであるなら、その証明をしなくちゃいけない。たまたま発覚したのがそういった施設であったから、それが原因であると言うのは無茶苦茶な話だ。初めて出荷する施設だけであるという証明と、その証明が出たら、初めて出荷する施設だけであるならば初めて出荷する施設は禁止するといった処置が必要。初めて出荷する施設を許すとしたら、「米国の食肉加工プロセスや査察、輸出制度全体」において問題があることになる。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
牛肉を売りたい一心の米国? やの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる