やの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS サービスの覇者争い

<<   作成日時 : 2011/10/16 03:53  

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

色々と他にもあるけど、現在のインターネット上でのサービスでの覇権は、以下の4つの会社によって争われていて、それらに類似するちっちゃいのが群がっているというのが現状らしいですね。

Amazon 物販のネットワーク化・物販と流通の先端でネットを意識させない
Google 検索とgmail等のストレージ関連・ネットワークの利便性を出す
Apple 携帯と独自PC、音楽配信トップ・ネットワーク媒体とコンテンツ支配を目指す
Face Book SNSでのユーザ囲い込み・リアルとネットの狭間を「ネットの利便」で埋める

まぁ、目指すところは四者とも異なっているし、勝負の帰趨は混沌としている。

混沌としてはいるけど、サービスの考え方からすると

新規性については、
  Google >>> Apple >> FaceBook > Amazon
生活密着性については、
  Amazon >>> FaceBook > Google >> Apple
商用規模については、
  Amazon > Apple >>Google >>>FaceBook
時価総額
  Apple >>Google>FaceBook>Amazon

で、細かな争いは
携帯電話  Apple vs Google
音楽配信  Apple vs Google vs Amazon
ユーザ囲い込Google vs FaceBook vs Twitter

細かい争いの帰趨はどうであれ、本業で争っているのは、Appleだけなんだよね。
つまり、他の三者は「負けても本丸にはそう影響しない」争いなんだけど、
Jobsの死去という大ダメージを相当に上手く収束させないときついのではないかな?
音楽配信ではまぁ、十分に有利そうだけどiPhone/iPad/iPod/Macで「Jobsなくしても
できるんだ」程度を思わせる製品が必要になるだろう。
Googleは、最近、実験中や開始早々のサービスを停止して、結構見切りを付けて
選択と集中を行なっていて、それなりに力の入れ具合を考える様になっている。
この選択と集中が対Appleに向けるとAppleは厳しいだろう。ただ、その集中先で
ないAmazon/FaceBookにつけ込まれる面があって、安心できないと思う。

FaceBookとTwitterはそのうち、争いの勝者のどこかが買うことで「その方面は
安くみている」のだと思うけど、この思惑はどうなるのか、ちょっと楽しみ。
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サービスの覇者争い やの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる