やの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 対案なき反対の愚

<<   作成日時 : 2005/08/15 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■なんだかなぁ...

ニュースの現場で考えること:「対案を出せ」と言う前に。

>政権は圧倒的な情報量を持ち、それを自在にコントロールできる立場にある。情報を出すタイミングも自在に計ることが可能だし、自らに都合よく取捨選択することも可能だ。巨大な官僚機構に対しても、本気で歯向かわない限りは、ある程度は自らの意のままに動かすことが出来よう。

あのさぁ、郵政民営化の話は何年も前から出ているんだよな。それが政治上の論点になるのは、余程の馬鹿でない限り「自分の仕事の上で論述する必要があること」という理解はできるわけだ。つまり、その何年もの間、無駄に過ごしていた馬鹿が、本決まりになりそうだということで、ギャースカわめいているだけのことでしょう。よって、

>ここから先は、野党の体たらくを脇に置いて書く。

は、重大なものを捨て去っているってことなんだよね。

>警察の裏金問題を取材しているときも、「裏金をつくらずに済むように新聞も対案を出せ」という声が警察側から出たことがある。

これは、まったくもって、別の話で、理非当直がちょっとでもわかる程度の頭脳を持った人だったら、引き合いに出さない例だよなぁ。悪事の開き直りと、提案に対する反論をごっちゃにしちゃ、だめだよ。

馬鹿な警官が、もっと愚かで無能が多くて立案なんざ一切できないマスコミに対案をだせって、意地悪しているだけだろ?...;-)っていう意味でも、違うしね。

# 結果は、まぁ、どっちも立案一切できずで騒いでいたわけだけどね。






 

>「対案を出せ」と為政者なり官僚なりが本気で求めるなら、情報開示を徹底し、野党であろうと誰であろうと、必要な情報には特別の差異無くアクセスできるようにしなければならない。

何年もほったらかしにする馬鹿な政治屋に対して開示したところで、意味はない。ってか、開示しているのだが、あの低知能だと気付きもしないでいる。いくらでも情報収集する時間はあったんだ。しかし、彼らはまったくの無能怠惰な傍観者で、土壇場になってから空騒ぎをしていただけなんだよね。必要な情報を国会で求めたのか?ちゃんとした情報収集をやったのか?ってことを提示し、その上で、政権側が隠蔽しているってことがわかって、はじめて「必要な情報には特別の差異無くアクセスできるようにしなければならない」が導き出される。

>「あなたの提案はおかしい」「提案には反対だ」という声が多数になったのである。この厳然たる事実に対し、「対案を出さずに反対する人はおかしい」と切って捨てる姿は、どこか傲慢に感じるのだが。

厳然たる事実は、馬鹿が無能なまま無為に時間を浪費して、集めるべき情報を集めずに怠惰でいたが、それをごまかすためだけに、騒いだということ。低能な調べることもしない無能集団が、傲慢にも数にものを言わせて「明確に示されたことに対して」正当な理由なく数を頼りに反対したってことの傲慢さを理解しないとね。

何年したら、あの反対した連中がまともな立案できるやら。そういった、無能が政治を食い物にし続けてきたのが、これまでってことなんだな。

報道に携わるなら「ここから先は、野党の体たらくを脇に置いて書く」みたいな、大事な心棒を抜かした物云いは、されないとよいと思うんだよな。ある案を潰すのは、それを越える良案だ。時間がなかったとかあるならわかるが、一体、何年前から郵政民営化の話があったか、知らないのかなぁ...



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
対案なき反対の愚 やの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる